吉田山荘にまつわる、さまざまな情報をご紹介いたします。
【 目 次 / Table of Contents 】
ページの先頭へ戻る
建物と庭園 / House & Garden
裏菊紋
吉田山荘 本館

玄関
吉田山荘の玄関
Entrance

裏菊紋
裏菊紋
The Uragiku 16-petaled chrysanthemum


フシミと読み取れるステンドグラス
Stained glass with "Fushimi" design

直弧文鏡
直弧文鏡の背面をあしらった
ステンドグラス
The stained glass "Cyokko-mon-kyou"

直弧文鏡
表唐門
Karamon gate
【建物 / House】
吉田山荘の建物は、昭和7年(1932年)に東伏見宮別邸として建てられた「和」と「洋」が見事に組み合わされた文化財的な存在といえます。建物の外観は総桧造りで重厚な存在感にあふれ、屋根瓦には御皇室ゆかりの「裏菊紋」があしらわれており、「和」の情緒を感じさせてくれます。平成24年4月20日に登録有形文化財に認定されました。

当山荘の玄関左手の丸いステンドグラス「直弧文鏡(ちょっこもんきょう)」の背面文様や、応接間や花の間に見られるステンドグラスは、古墳時代の銅鏡の背面文様が原形でございます。この銅鏡は明治18年に奈良県の新山古墳(広陵町大塚)から出土したもので、古墳時代前期(3世紀頃)のものと思われます。

現在は宮内庁に所蔵されており、直線と弧線を複雑に組み合わせた文様ということから「直弧文鏡(ちょっこもんきょう)」と呼ばれており、古墳時代前期~中期(4~5世紀)の出土品にしばしば見られるものです。新山古墳からは、このような文様がつけられた銅鏡が3面出土していますが、鏡にこのような直孤文をつけた例はあまり無いそうでございます。

当山荘のステンドグラスの場合は、同心円状の中間部に内向きに弧を連ねた「連弧文(れんこもん)」(又は「内向花文(ないこうかもん)」とも呼ばれます。)が巡っており、中央部の紐掛けの突起の周囲にも四葉形の座(「四葉座(しょうざ)」)があり、最もデザインに優れているものとされております。外側と、内側の一部の文様帯が、片仮名の「フシミ」にも通じることから、ステンドグラスに採用されたものと思われます。

【表唐門 / Karamon gate】
吉田山荘に訪れた際に、まず最初に皆様がおくぐりになられます表唐門は、宮大工棟梁で文化功労者の西岡常一(にしおか・つねかず)氏により1932年に建てられました、京都市内で唯一の作でございます。威風堂々とした立ち姿は、元宮家別邸である高貴で瀟洒、且つ重厚感溢れる本館への入り口にふさわしく、氏の業と智恵を余す所なく今に伝えるものとなっております。
西岡 常一 氏の略歴

From days of old, Yoshida-yama (Mt. Yoshida) has been celebrated as one of the scenic 36 peaks of Higashiyama, Kyoto's eastern mountains. It is the "hill in crimson bloom" referred to in the well-known tanka sung by the students of Mitaka Koto Gakko, a prestigious educational institution which once stood on Mt. Yoshida.

In the seventh year of Showa (1932), the second home of Higashi-Fushimi no miya (Emperor Showa's brother-in-law then enrolled at nearby Kyoto University) was erected on the foothills of Yoshida-yama. After World War II, this imperial residence was preserved in its original grandeur and turned into a traditional Japanese inn named Yoshida-sanso. A quiet place to savor Kyoto cuisine, entertain guests and stay the night, this beloved inn is not only the perfect spot to enjoy tea time after a leisurely walk, but also a unique event space for musicians and artists the year round.

Originally constructed for Prince Higashi-Fushimi by master carpenter Nishioka Tsunekazu, Yoshida-sanso is an architectural treasure which skillfully blends the best of East and West. Used throughout the building, precious hinoki (Japanese cypress) embues the structure with a dignified and distinctly Japanese appearance further enhanced by the Imperial Chrysanthemum crest, a recurring motif visible on the roof tiles and fusuma door pulls.

An abstract rendering of the syllabic characters for "Fushimi" is playfully hidden in the stained glass windows; the front rooms are rendered in a puzzle of parquet. Subtle details such as these and the purity of the Shoin-style interiors create a wonderful fusion of Orientalism and Art deco-inspired Modernism.
庭園

庭園から見える大文字山
庭園から見る大文字山
Daimonji Gozan Okuribi Viewing
【庭園 / Garden】
春は桜、初夏はさつきやつづじが美しく、京都の四季をすべてあらわしたように感じられる吉田山荘の庭園では、時折野鳥も舞い下りて、静かな気分に浸って頂けます。コンサートやお茶会なども開催し、皆様の憩いの場としてご利用頂いております。
京都を代表する夏の風物詩である五山の送り火。その中でも最も有名な「大文字山」を吉田山荘の庭園から間近に眺めることができます。

The Japanese garden which surrounds Yoshida-sanso offers both subtle and dramatic views that change from season to season. Wild birds can often be seen dancing among the spring cherry blossoms or vibrant azaleas of early summer...there is a delicate hush in this calm and timeless place, a quiet refuge from the clamor of city life. At different times of the year, guests are invited to step into garden for a bowl of soothing green tea or a koto concert carefully prepared and orchestrated to relax and heighten the senses.
目次へ / Table of Contents
ページの先頭へ戻る
哲学と女将 / Philosophy & landlady

『真実一路』
書:品川 哲山
Shinjitu-ichiro
by Tetsuzan Shinagawa
【哲学】
日本の心のふるさととも云える<京の古(いにしえ)>から、あらゆる伝統文化が綴られて参りました。元東伏見宮別邸であります吉田山荘は創業(1948年)以来、料理旅館として「真実一路」の精神と、美しいものへの憧れと共有を念じ、「御縁の橋渡し」を理念に掲げ、品格あるおもてなしを追求して参りました。
食文化はもとより、古典文化の紹介や音楽、美術等、総合芸術の文化サロンとして香り高いライフステージづくりと、国際感覚を担った心の通う創造力豊かな吉田山荘を目指して参りますことが、私共に与えられた21世紀の新しい時代への使命と認識致しております。

"Kyo no inishie" (the capital of old) conveys the spiritual home of Japan and it seems to me that every possible facet of traditional culture is bound together in this name. Since 1948, when the former villa of Prince Higashi-Fushimi was transformed into Ryori-ryokan Yoshida-sanso, we have aspired to the idea that Yoshida-sanso be a "bridge of destiny," a place for all those in pursuit of beauty to gather and feel at peace. We have also striven to follow "the straight path of sincerity" in an effort to offer our guests the utmost in refined hospitality. Japanese cuisine has long been a cultural stage for classical literature, music and art. It is Yoshida-sanso's mission to creatively purvey this rich heritage with an international outlook into the new dawn of the 21st century.
【女将】
吉田山荘の細やかな心づかいと落ち着いた雰囲気は、多くの皆様に「温かく家庭的である」と喜ばれております。その魅力は、女将のフレキシブルな人柄と、数々の手の込んだ手作りのおもてなしによるものがございます。毎度、宴の席に並べられる万葉集や古今集などの季節の歌が、お客様へのお礼の気持ちを込めて添えられます。女将直筆「今月の歌」
カフェ真古館では、女将デザインの器で美空間と安らぎの一時をお楽しみくださいませ。

In the relaxed atmosphere and attentive caring Yoshida Sanso, "warm and homey," and many guests are appreciated. This charm is due to flexible personality of landlady, and many elaborate handmade hospitality. Everytime she express our gratitude to guests, with seasonal songs in Manyoshu and Kokinshu at the seat of the banquet. Landlady handwriting "Song of the month"
In the Café Shinkokan, please enjoy moments of comfort and beauty space with the tableware designed by landlady.
中村京古
女将のプロフィール
目次へ / Table of Contents
ページの先頭へ戻る
ケイト・グリーナウェイと吉田山荘 / Kate Greenaway with Yoshida-Sanso




1997年、吉田山荘は世界の「ケイト・グリーナウェイ賞」で知られる英国の女流作家Kate Greenaway (1846-1901)の生誕150周年にちなみ「ケイト・グリーナウェイの世界展」をNHKのご協力をえて全国で開催いたしました。その後、吉田山荘の1階洋間で常設展としてお客様にご鑑賞して頂いております。

グリーナウェイの慈愛に満ちた絵本からは、毎日の暮らしを見直す眼を養い、大切なことを伝えていくことの喜び、変わらない価値や芸術の永続性が伝わってきます。ぜひ多くの皆様に体験して頂き、感動に満ちたひとときをお過ごしくださいませ。

In 1997, Yoshida-sanso hosted, in conjunction with NHK television, a nationally broadcasted exhibition commemorating the 150th birthday of the world-reknown British children's author and illustrator Kate Greenaway (1846-1901). Afterwards, much to the pleasure of Yoshida-sanso's guests, a selection of these works were put on permanent display in the Izumi Tea Salon. We hope that this exhibit will introduce more and more people to Greenaway's charming work.

ケイト・グリーナウェイの略歴
目次へ / Table of Contents
ページの先頭へ戻る
恒例イベント / Annual event

桜コンサート
Sakura Concert


お月見コンサート
Full Moon Concert


吉田神社の節分祭
Festival of Yoshida shrine
吉田山荘では皆様方へ季節のうつろいを感じていただける催しを、会席料理とともにお楽しみ頂いております。
Every year Yoshida-sanso holds four seasonal concerts: the Sakura Concert in the spring, the Daimonji Gozan Okuribi Viewing at O-Bon, the Full Moon Concert in the fall and the Sylvester Concert at the end of the year. Guests can enjoy kaiseki delicacies in an atmosphere that celebrates the changing seasons.

【桜コンサート / Sakura Concert 】
桜が見事に舞い散る吉田山荘の庭で行われる「桜コンサート」では、スイスからピアニストをお迎えしてのコンサートと季節の懐石料理を味わいながら、楽しいおしゃべりを木々の香りの中でお楽しみ頂ける園遊会です。
The Sakura Concert is held outside under the beautiful blossoms of Yoshida-sanso's cherry trees. Garden party guests can luxuriate in spring Kaiseki cuisine while listening to the Chinese "Kosou" harp played by the talented musician Wu-Fang.

【大文字五山送り火の鑑賞会 / Daimonji Gozan Okuribi Viewing】
毎年、8月16日に行われる京都東山の大文字焼きの壮大な景色を楽しみながら、夏の夜に良く合うお酒とお料理で、格別なひと時をお過ごし下さいませ。
Yoshida-yama is one of the rare places in Kyoto where all five of the Daimonji-yaki festival bonfires are visible. Indeed, what better place to be on August 16 than at Yoshida-sanso sipping sake, tasting special summer dishes and gazing at the surrounding hills alit in celebration of O-Bon.

【お月見コンサート / Full Moon Concert】
幻想的な満月の十五夜の中、神秘的なハープやヴァイオリンのクラシックな音色をお楽しみ頂き、静寂な秋の京都を満喫しながらの懐石料理の数々をご堪能頂けます。
Each fall, Yoshida-sanso provides an array of autumnal delights to accompany a classical harp and violin concert under the mystical harvest moon.

【クリスマスコンサート / Sylvester Concert 】
聖なる夜に大切な方と過ごす一時を、響き渡る美しい音色と吉田山荘のクリスマスディナーをお楽しみ頂いております。
On the last day of the year, we invite you to sample winter Kaiseki cuisine and watch snow falling on the Japanese garden while listening to a changing selection of traditional music.

【除夜の鐘 / Joya no Kane】
毎年大晦日に吉田山荘で聞く事のできる除夜の鐘は、真如堂をふくめ銀閣寺、法然院など八つ以上の鐘の音が幻想的なサウンドスケープ(音の風景)をかもしだし、壮大なパノラマをお楽しみ頂けます。
On any given New Year's Eve at Yoshida-sanso, more than 8 temple bells toll Joya no Kane at the stroke of midnight. The resonant peals from nearby Shinnyo-do, as well as Ginkaku-ji and Honen-in temples produce a magical soundscape ringing in the new year for all our honored guests.

【節分祭 / Festival of Yoshida shrine】
吉田山荘のすぐ隣りにある吉田神社は、貞観元年(859年)に都の守り神として鬼門である東北の方角にあることから厄除けの信仰につながり、毎年2月2日から4日までの「節分祭」は、100万人近い人手があります。とくに、3日深夜にまで及ぶ「火炉祭」は古い御札をダイナミックに燃やし、その迫力は多くの人に感動を与えてくれています。
Dating back to the Jogan era of the Heian period, neighboring Yoshida Jinja holds a three-day festival from February 2 - 4 to send the demon Ekijin scurrying back to the mountains of northest Kyoto. Over these three days nearly a million people visit Yoshida Jinja to cast out evil spirits and beckon good luck in the coming spring. The high point of this special Setsubun event takes place just before midnight on Feburary 3, when an enormous holy fire is lit to burn and thus purify Shinto charms accumulated from the preceding year.

過去のイベント年表
目次へ / Table of Contents
ページの先頭へ戻る